ラバーダム防湿

当院ではラバーダム防湿を推奨しています

ラバーダムとは

当院では、ほぼ全ての治療に「ラバーダム」を使用しています。この点は他の一般的な歯科医院との違いとなっています。

歯科治療をする時、歯の周りにかけるゴムのシートのことを「ラバーダム」といいます。ラバーダムは口の中から歯を隔離し、水分を防湿しながら清潔な状態を確保できます。よって歯科治療の効果を飛躍的に上げることができる「ラバーダム=ラバーダム防湿」は、当院で推奨している治療技術です。歯科治療で使用する薬剤や材料・器具などは、水分があると性質を下げてしまうものばかりです。

そのため、 ラバーダム防湿で口の中から歯を隔離し、水分を防湿しながら、また唾液などに含まれる細菌から隔離しながら、清潔な状態で治療を行うことはとても有効です。ラーバーダムの使用でよりよい口腔内の治療環境を保つことで、再治療の確率を下げることができます。  

欧米の歯科医療先進国では当たり前に使用されている

日本では、ラバーダムの使用はなかなか見られないと思いますが、 ラバーダム防湿は、欧米の歯科医療先進国では、専門医と呼ばれる歯科医師は必ず行っています。 

本来ラバーダムが必要な治療(一部)

本来、ラバーダム防湿によって感染を防がなければならない治療は多くあります。

・むし歯の治療
・根管治療
・修復治療
・その他

ラバーダムを行わないで治療をすることは、治療の成功率を下げる結果につながることは、データがある事実ですので、当院ではラバーダムを使用しての治療を推奨しています。ただ、患者様側で希望なさらない場合にはご相談ください。

ラバーダムのメリット

1.唾液を遮断して「感染を防ぐ」 

ラバーダムの最も大きなメリットとして「感染を防ぐ」というメリットがります。むし歯を削る場合、根管治療を行う場合、どちらも究極の目的は、感染部分の除去と、再感染防止です。もしも、ラバーダム防湿をしないで治療を行うと、唾液に含まれる、むし歯の原因菌などによって治療中に感染してしまいます。
  • ラバーダム無し ・・・ 唾液が入るため細菌感染しやすい
  • ラバーダムあり ・・・ 唾液を遮断し細菌感染を防ぐ

2.水分や湿気を遮断して「接着に有利」

また、呼気には湿気が含まれます。ラバーダムをしない場合にはこの呼気によって、各種歯科用接着剤の性能低下につながります。イメージしやすい例をあげると、家庭用の接着剤も濡れた面では、くっつかないため、使用しないはずです。目には見えない最近の侵入を防ぐだけ、しっかりと接着するためには、ラバーダム防湿は必須といえます。またそれを行わないで治療をするということは、再発・再治療のリスクが高まることを意味します。 
  • ラバーダムが無いと呼気に含まれる水分によって接着剤の性能低下につながる
  • ラバーダムがあると呼気による影響を防ぎ接着剤の性能を発揮できやすくなる

3.隔壁を作っていることから「消毒に有利」

ラバーダム防湿をしない状態では、粘膜組織に対する影響を考え、強い薬品は使用できません。しかしラバーダム防湿をすることによって、より効果的な強い薬品も使用できるようになり、治療目的達成・治療の成功に有利となります。また、唾液の無い環境で薬品を使用できることも有利です。

4.歯科医師が「治療に集中しやすい」

治療する歯科医師の立場から言うと、お口の中は、暗い・狭い・動く舌がある、といった治療の妨げとなるものが多くある環境でです。治療しなければなりません。しかし、ラバーダムによってこのような問題も解決されます。患部だけを見えるようにし、集中して治療が可能となるのです。このことは治療結果を左右します。特にマイクロスコープを使用した精密治療では集中力が必要なため、ラバーダム防湿は理想的な治療環境を作り出す、無くてはならないものと言っても過言ではないといえます。

5. お口の中への器具の落下を防ぎ、口腔内を傷つけることを防ぐ

ラバーダムは、治療器具によって粘膜などを傷つけること、治療中に使用する機材の誤飲、などを防ぐことができます。 また、水がのどに入ってくることも防ぎます。

データで見るラバーダム・根管治療

ラバーダムを「必ず根管治療で使用」しているか?

日本では保険診療にラバーダムという項目が含まれていないためか、世界基準と比べると使用率は低いと言わざる終えません。保険項目に含まれていないラバーダムは、必要があまりない処置と捉えられがちです。しかし、歯科先進国のアメリカではラバーダム防湿を行うことは「義務」付けられています。ラバーダム防湿で口の中から歯を隔離し、水分を防湿しながら清潔な状態で治療を行う効果と必要性が認められているのです。 

日本の一般的な根の治療の「失敗率」

日本の根管治療の成功率について、東京医科歯科大学のデータがあります。 があります。下のグラフは東京医科歯科大学むし歯外来で、根管治療のX線透過像を調べたものです。この調査から、根管治療を行った歯が、その後どの程度の割合で歯根部先端に膿を持っているかがわかります。結果として、「日本の根管治療の失敗率は50〜70%」であるということが判明しました。つまり、成功率は30〜50%ということになります。 

諸外国の根の治療の「成功率」

日本とは違い、アメリカの根管治療の成功率は90%程度と言われています。ちなみに、AAE(米国歯内療法学会)では、ラバーダム防湿ができないむし歯(歯冠部が無くなってしまっている状態など)の場合は「抜歯適応」としています。このことからも、ラバーダム防湿の重要性がわかることと、そもそも、むし歯を進行させないこと、再治療にならないようにすることが大切であることがわかります。

根管治療成功のために大切な事

根管治療の失敗とはどのような状態かというと、消毒して封鎖したはずの根管内に細菌が感染することで起こります。この場合、そもそも根管内に細菌が残っていたか、何らかの経路から細菌が侵入したかによるわけですが、細菌感染がなければ発症することはありません。歯の神経をとる治療を「抜髄(ばつずい)」、すでに抜髄済みで、再度治療する治療を「再根管治療(さいこんかんちりょう)」と言います。再根管治療になると、最初の根管治療の時とは状況が変わり、細菌を完全に除去しずらくなり、根管治療の成功率はどうしても下がる傾向があります。 そのため、初めての根管治療をしっかりと精密に行うことが大切となります。