根管治療について

根管治療(こんかんちりょう)とは

根管治療の成功は歯の寿命を延ばすことにつながる

「根管治療(こんかんちりょう)」とは「歯内療法」ともよばれ、一般的には「歯の根の治療」や「歯の神経を取る治療」などともいわれています。むし歯で歯髄(歯の神経などのある部分)まで侵されていても、根管治療を成功させることによって、 抜歯せずに歯を使っていくことができるようになります。

 

しかし、この根管治療がしっかり行われていないと、歯の中で感染が進み、再治療を繰り返したり、抜歯に向かってしまうことにもなりかねません。そのようなことにならないよう天然の歯を残すために、適切で精密な根管治療を行い、治療を成功させる必要があるのです。

歯髄まで侵されたむし歯。

ファイルを使用した処置のようす。

根管は非常に複雑な形態をしている

細かく複雑な形態をした「根管」

歯の内部の歯髄のある部分=根管(こんかん)は、非常に複雑な形態をしています。非常に細く、細かく、枝分かれをしていたり、複雑に湾曲している場合も少なくありません。根管治療では、このような細かく複雑な形態をしている根管の全てに、 「ファイル」とよばれる小さな根管治療専用の器具を差し込んで、根管内部を全て清掃するという、非常に精密な処置が必要となります。

複雑な形態をした根管。

根管治療の器具「ファイル」。

根管内部の清掃には高度な技術と経験が必要

根幹治療では、非常に精密な手技を行わなければならないため、高度な経験や技術が必要となります。根管治療が不完全で感染部分が残ってしまったりした場合、 症状が再発して、再治療が必要となってしまいます。しかし、質の高い根管治療を行うことで、90%以上の確率で歯を残し、再発を抑えることも可能です。

根管治療の様子。

高性能マイクロスコープ。