歯科用CTによる診査・診断

歯科用CTを根管治療にどう生かしているかについて

当院では根管治療で「見える治療」を行うため、マイクロスコープを使用します。しかし、見えている部分を良く見えるようにするだけでなく、見えていない部分も見えるようにする必要があります。それはどういうことかというと、たとえば、レントゲンの2次元の画像だけだと、まっすぐに見えている根管も、歯科用CTの3次元画像では曲がっていることがわかったり、さらに根の曲がった先がどのようになっているのかについても、輪切りのように確認することも歯科用CTでは可能です。

歯科用CT

CT画像

また、歯科用CTで事前に、見えない部分まで確認することで、「トランスポーテーション(過度な根管形成)」「パーフォレーション(穿孔)」を起こすリスクも回避可能となります。横からの断面、輪切りのような水平の断面など、あらゆる角度から、見えない部分を見ることが可能となり、根管治療の事前確認として、圧倒的な情報を歯科医師にもたらしてくれます。このことがより的確な診査・診断につながり、適切な治療の実現につながるのです。

歯の断面の画像

上からの輪切り画像


歯科用CTにより発見できた問題について

例1.

※準備中です

例2.

※準備中です